2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.21 (Tue)

こだわりの味覚遊戯 純心庵@京都・岡崎

紅葉にはまだ早い11月上旬、秋の京都で優雅なランチを楽しんできました。
今回のお店は京都のお友達に5年ほど前に教えてもらった岡崎にある純心庵
ステーキをメインとした創作料理がお得意のステーキ割烹のようなお店です。

純心庵

ランチはハンバーグ・タンシチュー等の単品にパンやサラダがセットに
なったメニューかコースが選べます。
品数の多さにつられて、今回は3000円のコースメニューにしました。

豆腐の味噌漬け。

豆腐の味噌漬け

言われなければ豆腐とはわからないぐらいにねっとり濃厚に生まれ変わった
豆腐。
独特の発酵臭もあり、チーズのような食感です。味も濃く、お酒のアテのように
チビチビ食べてくださいね、と言われました。

カツオのサラダ仕立て。

カツオのサラダ仕立て

新鮮なカツオのグリーンサラダ仕立て。
ドレッシングが和風だけど今までに食べたことのない味で、カツオと
よくあいます。

伊勢海老のホワイトソース、ココット仕立て。

伊勢海老のココット

熱々のココットで出てきたのはホワイトソースで和えた伊勢海老。
トロトロのホワイトソースがなんとも言えない美味しさ
ちょっと寒くなってくるとこういうのが恋しくなりますよね。

ホタテのオイル焼き。

ホタテのオイル焼き

オリーブオイルたっぷりのホタテにパン粉をかけて、そのままオーブンで
焼いたようなお料理。
これも素材の旨さが引き立っていて、こちらのお店はこういうのが本当に
上手だなぁ・・・と思います。

大根とごぼうのポタージュ。

ごぼうと大根のポタージュ

見た目茶色で??と思ったけれど、なんとも言えず香りの良いスープ。
ごぼうの味がしっかりして、最後に口の中に大根の甘さが残ります。

タンシチュー。

タンシチュー

きっと何時間も煮込まれて作られたであろうタンシチュー
タンはお箸でスッと切れるぐらいの柔らかさです。
こちらの代表的なメニューだけあって、デミグラスソースも本当に美味しい
ソースもしっかりパンにつけてきれいにいただきました

夜にも訪れたことがありますが、どのお料理も独創的で美味しく
かつ素材の旨みを上手に引き出されていると思います。
また少しずついろんな味が楽しめるので飽きのこないお店だと思います

≪今日の着物覚え書き≫

海老茶色格子大島紬、紅葉柄名古屋帯、飛び絞り緋色帯揚げ、三色帯締め

061102コーデ

先日の紅葉柄帯のカジュアルコーディネート。
色半襟にして、帯締めの結び方をちょっと変えてみました。
スポンサーサイト

テーマ : Lunch♪ - ジャンル : グルメ

23:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.21 (Tue)

京都のお気に入りケーキ屋さん オ・グルニエ・ドール@京都・堺町錦

京都に所用で出かけた折に、待ち合わせ時間にフライングして
朝ご飯代わりに大好きなオ・グルニエ・ドールに行ってきました

オグルニエドール

お店のオープンと同時に入店。
こんな食い意地はったのはワタシだけか?!と思いきや、同類らしき
女性が1名。
たぶん、観光客の方?ガイドブックらしき本を片手に私の上を行くケーキ
3個を頼んでいました。(しっかりチラ見でチェックした・・・)
いや、でもお気持ちわかります!!頻繁に食べられないから少しでも
たくさん食べたいと思うのが乙女心ざんしょ

朝イチで何も飲まず食わずで行ったので、がっつりいくでぇとばかりに
ピラミッドとモンブランを注文。
思わず「あの・・どちらも結構しっかりしたケーキでございますが・・・」と
心配してくださる店員さん。いやいや大丈夫ですって

グルニエドールでティータイム

うきゃ?、大好きなモンブラン。

モンブラン(グルニエドール)

マロンクリームの中はたっぷりの生クリームとタルト台。
(正確にはシュクセといってアーモンドパウダーで作ったタルト台のようです。)
このマロンと生クリームの口溶け感がたまりません
基本的に中が生クリームたっぷりのモンブランはあまり好みではないんだけど
グルニエドールのケーキは違います!!

グルニエドールといえば、ピラミッド。

ピラミッド

おお?、さすがに濃厚
朝からちょっとやり過ぎた?と思うぐらいにチョコチョコしたケーキ。
舌触りはあくまでもなめらかに、口の中にガツンとチョコの甘さが
広がります。
この絶妙なチョコ度はさすが

待ち合わせ時間を気にしながら20分足らずで完食。
もうちょっとゆっくり味わって食べたかった?の思いで
テイクアウト用を先に注文しておき、帰りに取りに来ることに。

紅玉リンゴのタルト。

紅玉リンゴのタルト

10月末ぐらいまではサンつがるだったよう。
タルト台の部分がそんなに分厚くない分、リンゴの水分等がタルトに
染み込んでしっとりした食感のタルト。
リンゴの薄切りに気持ちシャキッとした紅玉の食感が残り、リンゴの旨みが
凝縮されて秋・冬になるとこのタルトが食べたくなります。

松の実のタルト。

松の実のタルト

ナッツがぎっしりのタルト。
ザクザクしたナッツとサックリしたタルトの食感のバランスが絶妙
ナッツの香ばしさ、というかナッツ感も何とも言えずクセになります

モンブランとどっちをイートインするか迷ったマロンショー。

マロンショー

キャラメリゼされていないブリュレ。
これなら持ち帰ってもそんなに食感は損なわれないはず・・と思って。(笑)
渋皮付きの焼き栗がトッピングされています。
ブリュレの中にも刻んだ栗がいっぱい
キャラメリゼされていないぶん、ブリュレの味が優しくなって栗の甘みが
わかりやすくなっているような気がします。

いつ行ってもどのケーキを食べてもハズレがなく、私にとっては本当に
大好きなケーキ屋さんです。
願わくばもうちょっと近かったら頻繁に行けるのになぁ・・・

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

21:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。