2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'03.28 (Fri)

あれは雪降る日だった・・・ 草喰なかひがし@京都・銀閣寺

予約が取れないことで有名な京都の草喰なかひがし
神戸の植むらさんに続いて、続・関西うまうまOL日記OLさんにご一緒させてもらって行ってきました

ブログアップが遅くなったので、お料理はやや季節はずれの2月下旬のものになります
(すごく寒い日で京都は雪がふってました!!)

八寸

八寸(なかひがし)

2月ということで節分を意識した八寸。
椿は赤カブで、椿の隣りの銀色の器の中は季節の白和え、葉の影には菜の花のお浸し。
季節感が盛り込まれた目にも舌にも嬉しい八寸でした

とち餅の白味噌汁

とち餅の白味噌汁

ほっこり温まる椀物。白味噌の塩梅がなんとも言えず美味しかった?!

鯉のお造り

鯉のお造り

縦長のお造りを入れるにはちょっと面白い器で出てきたのは鯉。
細かく刻まれたお野菜や辛味大根と一緒にドレッシング風のタレでいただきました。

杉板に挟まれて出てきたのは・・・

杉板に挟まれて出てきたのは・・・
鰆

良い香りがして出てきたのは鰆。蒸し焼き?になるのかなぁ?!
薄切りの大根で挟んでありました。蕗の薹味噌(これがまた絶品!)をつけて。。。

根菜の味噌仕立て

根菜の味噌仕立て

煮物風に仕立てられた根菜。
ちょっと豚汁っぽい雰囲気もあるけど、こういう何気ないお料理が奥深く美味しいのはすごいなぁ・・・と感動

油揚げと青菜の炊いたん

油揚げと青菜の炊いたん

こちらも京都では定番のおばんざい?あっさりと上品なお出汁のきいたお味。

有名なご飯と一緒に出されるめざし

〆のご飯はこんな感じで出てきました

なかひがしと言えば・・・のこちら。
これが有名な・・!!と思って大事にいただきました
ブロッコリーの胡麻和えと丸干し大根の煮物も一緒に。

これがなかひがしのご飯だ!!

これがなかひがしのご飯!

雲井窯の土鍋を使いたくてこのお店を始められたというご主人。
その思いがこのご飯に凝縮されているんでしょうねぇ
土鍋が運ばれてきた途端に香るご飯の炊けた匂い・・・日本人なら誰でも唾ごっくんかも?!
ツヤツヤの本当にきれいなご飯はお代わりOKです

酒カスのシャーベット

酒かすのシャーベット

最後までへぇ?と思わせられたこの一品。
濃厚なねっとりとしたちゃんとデザートなんだけど、でも酒かすの味がする不思議なシャーベット。
上にのっているドライオレンジやお造りにのせられていた葉っぱなどは炭を使った大きな七輪(?)で乾燥させるそう。

一度は行ってみたかったなかひがし。
つたない文章や写真だけでは全然伝わらないと思いますが、きっと食材を選ぶ時からおもてなしの心が始まっているんだろうなぁ・・・と感じるお店でした。
本当にご馳走様でした?
スポンサーサイト
20:49  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。