2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'01.07 (Mon)

ジモティと一緒に朝食を 永和清粥大王@台湾・台北

台湾でホテル以外の朝ご飯が食べた?い!とはりきって行ったのがこちら、
永和清粥大王(ヨンハーチンチョウターワン)。
JAAのツアーガイドブックを見てタクシーで行ったのですが、お店に着くとどうも雰囲気が違う・・・?
(ガイドブックにのっているのはカフェっぽくてきれいなお店で、おかずもデリ方式みたいな感じ。でも、私たちがタクシーから降ろされたのは地元の人がいっぱいの食堂みたいな感じ。)
でも、看板の名前は一緒だし、行列も出来ているし、え?い並んでしまえ!と
食べるためには勇気と度胸あるのみ?!

とりあえず行列に並ぶと、前に並んだおっちゃんがチラッとこっちを見る。
にこやかに微笑んでみると、すっと前を向かれる。
(・・・おっちゃん、私が微笑んだのに無視せんといてーなー・・スマイルと心の中でつぶやく。)
そしたら、またこっちをチラッと見て台湾語でなんか言われる。
わけがわからず、日本語でえ?何?なんて言ったん?と聞き返すと、
一生懸命お店の中と私たちを指差してなんか言ってくれる。
あ、わかった?!中で食べるのはあっちに並ぶの?と聞き返すと、おっちゃんもニカッと笑って「ナカデタベル」と一言。
親切なおっちゃんは持ち帰りはこっち、中で食べるのはあっちに並ぶ、と教えてくれたのでした

ということで、おっちゃんに教えてもらった通り、中に入ってまた一悩み。
実はここはセルフのお店で、中に入ったら列に並んで、順番が来たら食べたいものを注文するシステムだったのです。
なんとかお店の人に教えてもらって、伝票をもらって記入して列に並び、食べたいものGet
頑張った甲斐あって、ここも安くてウマい!という日本の某店のような素晴らしいお店でした

時計回りに、小籠包蛋餅(ダンピン)、鹹豆漿(シエンドウジャン)、大根餅

永和清粥大王

小籠包は皮は厚めだけど、逆にそれが現地っぽくて美味しい。
蛋餅は表面パリパリの甘くない厚焼きクレープ(広島焼きの生地にも似てるかも?)に卵をはさんだみたいな感じ。
葱抓餅同様、生地がむっちりしていて私はハマりました
鹹豆漿、これはもうすごい好き?!日本語で言うと塩味豆乳になるそうです。
豆乳?豆腐?のスープたっぷり茶碗蒸しみたいな感じなんだけど、味も美味しいし、ふるふるのゆるめに固まった豆乳がほっこりします。
これも日本に進出してきて?
大根餅は日本で食べたのとそんなにかわらないかな?

お店に行ったのは9時半ぐらいだったけど、家族連れからカップル、友達同士まで普通に朝ご飯食べてました。
ここはジモティ(地元民)率高かったです。(たぶんこの時間は他に日本人はいなかった。。。)
でも、2人でこんだけ食べてたったの130元!!(約460円)
これはビックリ!!そりゃ、こんだけ安くて美味しかったら朝から外食するよねぇ・・・。
ああ、日本にもこんなお店が欲しい??
スポンサーサイト
20:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。